メサイア–月詠乃刻–を見た話

 

 

 

 

 

ライブビューイングにて見てきました。

 

これまた名前は聞いたことがあって気になっていたんですが複雑なストーリーでどこから入ればいいかな…と右往左往していたんですよね。ですが、今回ライブビューイングがあるということで勇気を持って飛び込んでみた次第です。

かなり前に原作小説を読んで(内容はすでにうろ覚え)、気まぐれにメサイア外伝-極夜 Polar night-を見てなにも知らないのに泣き腫らした(周の悲痛な叫びが本当に辛かった)くらいで、予備知識ほぼゼロだったんですが、見ていて大体の話の流れは掴めたので全然大丈夫でした!(大丈夫とは)

 

ストーリー考察とかは知識が足りなくて全く出来ないので、月詠乃刻だけをみた一個人の考えと感想を書き連ねていきたいと思います。思いついたところから書いていきます。思考がまとまらず支離滅裂になること間違いなし!って感じだけどとりあえず今の気持ちを残しておく…

 

以下ネタバレもあります。まだ大阪公演があるということなので、色々と知りたくない!という方はご注意ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、わたくし、舞台のメサイアに触れるのは初めてでして、話についていけるか不安だったんですか…結論から言うとボロボロに泣いて帰ってきました。

凄い…凄いものを見てしまった…メサイア…つらいな…

ほぼ万夜と小太郎の話しかしてないです。そこを追うのでいっぱいいっぱいだった。ほんの少しだけいつきのことも。

 

 

 

初っ端、立ち回り。すごい。動く動く。劇場にいたらどこを見たらいいのか分からなくなりそう…(ライビュなので大体の視界は限定されているため迷う暇はなかった)

いつきの「こんなの狂ったっておかしくない。でも、あいつがいるから死ねないし、狂えない。(意訳)」にメサイアというもの本来の意味を改めて思い知らされました。互いが互いの糧となり枷になる。救うために生きる。メサイアってなんでこう…もう……しんどい…

あの辺で私は既に泣いていました。メサイア初見なのに感情移入がすぎるのか、メサイアという作品がそうさせるのか…

 

 

照る日の杜の御神体だった万夜、そして信者だった小太郎。万夜は小太郎を大事にしたくて照る日の杜から彼を遠ざけた。これは、愛以外の何物でもないと思う。綺麗なものを汚したくない、大事にしたい、守るために遠ざけた。切ない。

でも、小太郎はどんな悪事に手を染めていようとも、それを知ってもなおついていきたいと思った、というような事を言います。これもまた愛なのでしょう。

メサイアっていつもこんな感じなんですか?

想い合う二人を引き裂く…いや一つにはなってるけど…!そうじゃなくて!!!!つらい。

 

初めから二人は両想いだったんですね、お互いを大事に思っていた。

そのことをお互いが知るまでが、遠くて長くて、入り組んでいたのだろうけれど、最後に二人はわかり合って求めあって一つになったんだなぁと。二人がお互いに手を伸ばす姿が、痛々しくて美しくて、誰か、だれか二人を助けてあげてほしいとすら思った。

 

 

いつきが鉄の掟を途中まで言って、そのあとに万夜が「サクラは、友人や恋人になってはならない。ただ一人、例外を除いて…」と続けるシーンがある。万夜にとって、小太郎はそういう寄り添って共にいたいと思う存在なのだということが強調されてるようで凄く苦しかった。サクラの人間である小太郎を救えるのはメサイアの万夜しかいない。でも、この繋がりはメサイアとしてだけではなくて、照る日の杜にいた二人だからこそのものがあったんじゃないかと勝手に思っている。はっきりと、ここでそう思ったとは言えないのがもどかしい。または、そう思いたいだけなのかもしれないけれど。

 

そうだ、あの小太郎の背負投。万夜はちゃんと見れていたはずだ。試合ではないけど、あれは輝いて見えたという、その姿に限りなく近いものだったんじゃないだろうか。

 

血が止まらない小太郎の腹部を真っ白な袖で押さえて止血すればあの袖は真っ赤に染まってしまっていたはず。どんどん浸食してくる赤に万夜はこのままじゃ小太郎が死んでしまうと怯えたことでしょう。自分の太陽が、消えてしまう。泣いてすがって、果てには自分の臓器をお前にやると言われて後退りをする。凄く脆くて人間らしい反応だなと思いました。一緒に帰ろうと迎えに来てくれたのに。つらい。悲しい。

万夜を置いていかないでほしい。

 

なんかこの、確かに一つだけど違うじゃん…みたいな…メリーバッドエンドになりきれないメリバ…みたいな…辛いですね…

 

でも、これが彼らの運命だったんですね。

万夜は小太郎の魂と共にこれからを歩んでいかなければならない。太陽だった小太郎のための、たった一人の神として。

 

生きる 死ぬ たった一人の神になる

 

そっかぁ…そういう意味か……

 

桜吹雪に包まれた、小太郎の微笑みが忘れられずにいる。

 

 

 

 

 

カテコで御池が自分だったから、柚木が彼だったからこそ、こういう結末になったんだと思う。とお話されてるのを聞いて、メサイアは役とキャストの狭間にある不思議な作品なのかなと思いました。キャストの成長が役に反映されるとか、そういったレベルの話ではなくもっと深いところで役とキャストが繋がっているような。不思議で魅力的な作品でした。メサイア

映画も見に行きたいな。

有賀くんはいつきくんを助けに来てあげてください……

プレイボタンが楽しい!

 

 

 

 

舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★のグッズ、

プレイボタンのダイマです。

公演内容のネタバレはありません。

 

 

タイトルに結論書いてしまったんですが、

めっっっっっちゃ楽しい!!!!

 

舞台見たあとってロスになりますよね?それが少し軽くなります。軽くなるし、なんなら楽しくなってくるので逆にHappyになります。

あの時のワクワクを思い出して幸福感に包まれます。

私は初演のプレイボタンを買いませんでした。劇場を出た瞬間、買えばよかった…!と死にそうになる程後悔したので、今回は絶対買うぞ!と思い真っ先に買いました。最高でした。買って良かった。

 

後悔はさせません、大阪公演に行く方是非とも買ってください。

ディレイ配信の会場でも売ってたらそこでも大丈夫です!(何が?)

 

プレイボタンって珍しいグッズ*1なので、どうなの?って思う方もいると思います(私は思いました)。劇中歌が入ってるだけじゃん?みたいなね。*2いや、確かにそうです。劇中歌が入ってるだけですが、それが凄いんですよ!!!

劇中歌が入ってるのがすごい!!!

劇中歌がサクサクじっくり何度でも思うがままに聴ける!

観劇中は高揚し過ぎててちゃんと聞き取れてなかった歌声の抑揚とか、コーラスもゆっくり落ち着いて聴ける…すごい…

普通だったら円盤が出るまで劇中歌を聞くことが出来ないので薄れゆく記憶(歌詞とかね)となるやつですが、このプレイボタンがあるとですね、忘れないんですよね!(当たり前)

自分で歌詞を文字起こししてじっくり読んでニッコリするわけですよ。

私は観劇中に考察出来るほど器用ではないので、歌とかは雰囲気でそのまま飲み込んでしまっています。でもあとからゆっくり聞けることでここ、こんなふうに思ってたのかなとか、こうだったんだろうなとか、考える余裕が生まれます。そこでまたキャラのことを考えてじんわりくるんですよ…

個人的に物語やキャラについて考えるのは好きなので、この時間はとても幸せな時間です。

あとこれどんな感じで収録したのかな…とかね…ノリノリな曲も多いのでテンションは爆上がりします。思わず口ずさむ…どころか熱唱です。気付いたらノリノリで歌ってしまっていたので隣の部屋に聞こえてやしないか不安になりました。

 

こちら本体は大変コンパクトになってましてポッケにもスっと入るしピンがついてるので洋服に止めておけば落としちゃうこともありません!すごーい!便利!

あとプレイボタンが入ってる入れ物がめっちゃ可愛いです!四角いやつ…小さな単行本感がツボです。

イヤホンを刺さないと曲が流れないのでウッカリ事故ったとしても(イヤホンが本体から抜けたりとか)彼らの美声がスピーカー形式で流れないところもありがたいですね!

お外でも安心して聞けますよ!(ノリノリになってしまうのは自制しなければなりませんが!)

 

 

 

ということで、

プレイボタンは、いいぞ!

 

 

 

*1:私はパタリロで初めてプレイボタンというグッズに出会いました

*2:そう思って一昨年前の私は買わなかった。めちゃくちゃ後悔した。

舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★を観た話

 



東京楽が終わったとのことで、一区切りですね。素敵な舞台をありがとうございました!次は大阪ですね!

下書きに書いてた備忘録を整理し、やっと公開できる形になったので公開します!

文章に直そうとしたら箇条書きと、すごい。やばい。のオンパレードで自分の語彙力のなさに焦りを感じましたが以外となんとかなるものです。生きているので大丈夫!

 

はい、ということで某日に

舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★

を見て参りました!
初演も観たんですが相変わらず楽しい舞台ですね!心踊ります。


トラブルに巻き込まれまして途中から観たんですが、話の内容は予習済みだったので戸惑うことなく観れました。*1でも、知らなくても大丈夫だったんじゃないかなーと思えるくらいストーリーがスっと頭に入ってくる感じなので小難しいのはなしだ!ワイワイしてるのが見てぇ!って人にはオススメオブオススメです。今作はシリアス度が初演に比べて濃ゆいと思うので、笑い泣きするなら初演の方をお勧めします。
と言いましたがどっちも最高に楽しいのでどっちも見てください。初演DVDはキャストインタビューがハチャメチャに面白いのでまずは1人で見ることをオススメします。
スターダスト計画の方はディレイ配信とかその前に大阪公演とかまだまだ見る機会もあるし、そのうちdアニメストアとやらで見れるようになると思うので!

見てね!
(d…の回し者とかではないです)

 

 

以下感想等々ネタバレ含みます。

(時系列があってないところもあるかもしれません!!申し訳ない!)

 

 

 

 

 


劇場に入れたのがタマネギ部隊の見せ場(ジャグジー)が終わったあたりでしたので、それ以降で特に印象的だったところを書いていきたいと思います。

 

椅子に座った途端バンコランがビョルン(アンドレセン)に毒入りキスをかまされていてびっくりしました。上の方でマライヒは橋の手すりをもぎり取り、それを時計塔にぶつけ塔をへし折っていました。嫉妬のあまり凄まじい力を発揮するマライヒちゃん…隣で慌てるパタリロ…。

その後毒にやられてしまったバンコランを治そうとパタリロがツボを押したのですがそれはぽんぽんアイタタ(オブラートに包んでおります)なツボだったらしくさぁ大変。大変まずい状況なバンコランを助けようとマライヒもツボを押しますがどうやら変なツボを押してしまったらしくバンコランのチェッコリが止まらない。怒涛すぎてやばい、もう、もう楽しい。

 

そして、嫉妬でぷんぷんなマライヒが、バンコランのために脱いだ。*2えぇ…はい、噂のホットパンツを浴びてきました。マライヒのヒップが凄い、プリッとしててびっくりしました。ヒップのことで言えば美青年三人衆(マライヒ、ロビー少尉、ビョルン/アンドレセン)は本当に素晴らしくてびっくりでした。(びっくりしすぎている)きゅっとね、上向きヒップが大変よろしかったです。お尻の話はこの辺にしておきましょう。
あ!上の方でバンコランが法被+ペンラ振ってるのがマライヒのおたくですごくすごく可愛かったです。


初演でバンコランは基本的にカッコイイバンコラン!ヒューヒュー!だった*3のですが、今作はマライヒに惚れている男バンコランだったのが凄く良かったなぁと思っています。惚れてる分ちょっとカッコ悪いバンコランも見れてなんだか微笑ましい気持ちに…
そしてハッキリとマライヒの一方通行なんかじゃなくて、このふたりはちゃんと愛し合っているんだ…と感じたのが、バンコランがアンドレセンの攻撃からマライヒを守るためにばっと覆い被さるシーン。そこでマライヒの腕が縋るようにバンコランの背中にまわって、バンコランのコートをぎゅっと握るんです。*4ここ、凄く愛を感じました。


そんな二人を見てアンドレセンが振り上げてたナイフを下ろしてしまうのも、切なくて切なくて。想い合う二人を目の当たりにしているアンドレセン、もう、悲しい。つらい。

タイムワープ前、ビョルンとしてじゃなく、アンドレセンとして、本当にバンコランが好きなんだと伝えている間は、ダイヤを詰んだロケットのスイッチを床においていたんですよね。あの時バンコランが良い返事をしていたら、スイッチが押されることもなかったんでしょうか…いや、でもバンコランはマライヒを愛しているので…
(その後パタリロがタイムワープして未来を変えるのでこの世界線の彼らはなかったことに…??)
タイムワープ後の「私を愛してくれないかな」が「私も愛してくれないかな」に聞こえた気がして二股のお誘い…と一瞬思いましたがそんなことはなかったですね。表情が結構くるくる変わるなぁカワイイ!!と思っていましたが、このセリフ時のお顔は本当に切ないです。あ〜アンドレセン…
あと溢れ出る真紅の薔薇の色気感がビンビン伝わってきました。(伝われ)

ヒールでくるくると立ち回る姿は本当に美しかったです。


そしてそしてロビー少尉、スターダスト計画は予習済みだったと言いながら彼についての記憶がすっぽり抜けていたため、出てきた瞬間からあのビジュアルの儚さだけをひたすらに感じていました。実際儚い人なんですけれどもね。前半を全く見ていなかったのですが、自分が病を引き受ける代わりに相手の病を治してあげられる感じの特殊能力を持っていて、(恐らく)パタリロの指示でいろんな人を治してきていたけどそろそろ限界が来ている…という事はわかりました。(違ったらすみません)そして、世界を救うために彼が命を投げ出さなければならなくなるだろうということも。(えっ、切ない…儚い…)
月に行きたい、連れていって欲しいとお願いするロビー少尉の笑顔に泣きました。


「夢が叶ったね、ロビー。新月の日以外は、こうして月を見ることにするよ。そうすれば、君のことを思い出せる。」
タマネギ11号台詞より


タマネギ部隊の見せ場には残念ながら間に合わず…今回も楽しくやってたとお話は聞いているので(ジャグジー)円盤見るのが楽しみです!
あ、でも美少年隊(?)たちとの勝負ナンバー(いつものタマネギのやつ)はたいへん楽しませて頂きました!

そしていつもお世話になってます魔夜メンズ様!某日も実に素敵に美しく、時に麗しく時に滑稽に…!動きが皆さん本当に本当に丁寧で滑らかで…身体の使い方や魅せ方がわかっている人達なんだな…と感じました。あまりに面白すぎて過呼吸になりそうになった場面が多々あるのでとても危険な方々です。気をつけましょう。そういう所が好きです。
結局いくつの役やっていたのだろう…?世界観を脇でガッと固めてくれる安心感。そして視線も奪っていく…

 

そしてパタリロ、何度見ても楽しい気持ちにしてくれます。時が止まった状況のバンコランに絡み付いてたんですが、話しかけている時(私が見ていた角度的に)バンコランの脇を覗き込んでるというか脇に話しかけてるように見えて過呼吸になりかけました。普通に顔を覗き込んでただけですよね…?

アンドレセンとマライヒの戦闘に巻き込まれて服が破れ(脱いでる)ていくのも笑いのツボでしたね!スルスルと服を脱いでいく姿が面白すぎて…

エンディング前に見せ場とられたからやり直そう!!!??ってバンコランとマライヒに再現を求めているところでも笑ったんですが、「ここで曲が流れたら終わっちゃうからね!?」のフラグをたててすぐに回収したのでめちゃくちゃ笑いました。不憫だ。

そんなところが美味しいパタリロ

でもロビー少尉とのシーンは悔しいというか、やり切れない気持ちが滲んでて悲しかったです。死なせるわけにはいかないと言ったものの、ロビー少尉を止め切ることは出来ませんでした。世界を救うために。ロビー少尉の夢を叶えてあげられたことが、救いかなと…

ううん、切ない……

 

タイムワープ前のバンコラン、パタリロたちによる戦闘シーンでスクリーンにアニメ絵(原作絵だったかも)が映し出されていたのが凄く印象的でした。前方席でスクリーンが薄く見えていたので引きで見たらどんな風になっていたんだろうなあ…と気になっています。ロビー少尉が枢機卿を治すシーンの影絵だったり映し出されるロケットとかもアニメっぽくてそういうところに凄く舞台パタリロを感じました。

あと Fly me to the moon の時の星空(宇宙空間)が綺麗で泣きました。あの時初めて、舞台セットがダイヤモンドの形をしていたことにも気づいて感動しましたね…すごい…綺麗だよ…(涙)

 

 

 



あの唐突に物販の話になるのですが、まず
パンフレットでかすぎない?
いや、いいんですよ。全然。
座長様がおすすめしてくれたように*5ショッパー*6も買っていたのでスっとね、収まりましたよ。で、このハチャメチャにでかいパンフレットなんですが!なんとお星様のホログラムが…!*7スターダスト計画だもんね!カワイイ!そしてPiの可愛らしい鳴き声と共にひよこたちが乱舞しております。これはアレですね、匂わせですね!?(考え過ぎ)ひよこク〇ブ的な!(考え過ぎPart2)*8その辺のストーリーも舞台でやってくれるんでしょうか…もしかして映画で…?どうなんでしょう。何にせよこれから楽しみです!映画!どんなのになってるんだろうなとワクワクが止まりません。


そしてライヒちゃんのホットパンツ買いました。生地めっちゃ薄い…これマライヒちゃんがバンコランを誘うためのやつだ…(煩悩)
一応嗅いでみたんですが新品の水着みたいな匂いがしました。(嗅ぐな)


では、ここらで劇中歌を子守唄に寝ようと思います!プレイボタン*9は、いいぞ!

めっちゃ!いいぞ!!

 

 

 

 

 

 

追記:

タイトルを正式表記(?)に書き直しました!

あと若干内容を加筆修正し、パタリロの感想が抜けてたのに今更気づいたのでそちらも追加しました!20180327

 

タマネギ11号のセリフの確認が出来たため修正しました。20180407

 

*1:途中入場に関しましてはスタッフさん含め周りの方には本当に申し訳なかったです…

*2:意訳であり多少語弊はあるが事実でもある

*3:喫煙所のシーンとかはギャグですが!あれ好きです!今回もあって嬉しかったなぁ

*4:キス…?と一瞬思いましたが抱きしめただけだと思います!

*5:カテコで物販のオススメをしてた

*6:オシャレな言い方らしい

*7:紙の加工に詳しくないので違ったらすみません

*8:エンディング、マライヒちゃんの様子が…!?

*9:事前収録された劇中歌がまるっと詰まった素敵なまぁるいやつです。