しごと、あった!おし!さいこう!

 

 

 

推しの仕事がないないと言っていましたがありました発表されてなかっただけ!そう!シュレディンガーの猫のように!発表されていないだけで仕事はある!(無いかもしれない)あるのです!

やったーーー!!!!楽しみ!!キャスト先行がありますように!!推しの名義(?)で申し込みたい!会員費払ってるんだから当ててくれ!!頼む!そもそも先行があるのか分からないんだった!

今年度も推しがかわいい!

 

そのうち、推しはやっぱ最高だな!!っていう記事をあげたいと思います!前、編集途中で上げちゃったやつですが…

 

推しが今日も明日も最高にあざと可愛いありがとう世界!

メサイア–月詠乃刻–を見た話

 

 

 

 

 

ライブビューイングにて見てきました。

 

これまた名前は聞いたことがあって気になっていたんですが複雑なストーリーでどこから入ればいいかな…と右往左往していたんですよね。ですが、今回ライブビューイングがあるということで勇気を持って飛び込んでみた次第です。

かなり前に原作小説を読んで(内容はすでにうろ覚え)、気まぐれにメサイア外伝-極夜 Polar night-を見てなにも知らないのに泣き腫らした(周の悲痛な叫びが本当に辛かった)くらいで、予備知識ほぼゼロだったんですが、見ていて大体の話の流れは掴めたので全然大丈夫でした!(大丈夫とは)

 

ストーリー考察とかは知識が足りなくて全く出来ないので、月詠乃刻だけをみた一個人の考えと感想を書き連ねていきたいと思います。思いついたところから書いていきます。思考がまとまらず支離滅裂になること間違いなし!って感じだけどとりあえず今の気持ちを残しておく…

 

以下ネタバレもあります。まだ大阪公演があるということなので、色々と知りたくない!という方はご注意ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、わたくし、舞台のメサイアに触れるのは初めてでして、話についていけるか不安だったんですか…結論から言うとボロボロに泣いて帰ってきました。

凄い…凄いものを見てしまった…メサイア…つらいな…

ほぼ万夜と小太郎の話しかしてないです。そこを追うのでいっぱいいっぱいだった。ほんの少しだけいつきのことも。

 

 

 

初っ端、立ち回り。すごい。動く動く。劇場にいたらどこを見たらいいのか分からなくなりそう…(ライビュなので大体の視界は限定されているため迷う暇はなかった)

いつきの「こんなの狂ったっておかしくない。でも、あいつがいるから死ねないし、狂えない。(意訳)」にメサイアというもの本来の意味を改めて思い知らされました。互いが互いの糧となり枷になる。救うために生きる。メサイアってなんでこう…もう……しんどい…

あの辺で私は既に泣いていました。メサイア初見なのに感情移入がすぎるのか、メサイアという作品がそうさせるのか…

 

 

照る日の杜の御神体だった万夜、そして信者だった小太郎。万夜は小太郎を大事にしたくて照る日の杜から彼を遠ざけた。これは、愛以外の何物でもないと思う。綺麗なものを汚したくない、大事にしたい、守るために遠ざけた。切ない。

でも、小太郎はどんな悪事に手を染めていようとも、それを知ってもなおついていきたいと思った、というような事を言います。これもまた愛なのでしょう。

メサイアっていつもこんな感じなんですか?

想い合う二人を引き裂く…いや一つにはなってるけど…!そうじゃなくて!!!!つらい。

 

初めから二人は両想いだったんですね、お互いを大事に思っていた。

そのことをお互いが知るまでが、遠くて長くて、入り組んでいたのだろうけれど、最後に二人はわかり合って求めあって一つになったんだなぁと。二人がお互いに手を伸ばす姿が、痛々しくて美しくて、誰か、だれか二人を助けてあげてほしいとすら思った。

 

 

いつきが鉄の掟を途中まで言って、そのあとに万夜が「サクラは、友人や恋人になってはならない。ただ一人、例外を除いて…」と続けるシーンがある。万夜にとって、小太郎はそういう寄り添って共にいたいと思う存在なのだということが強調されてるようで凄く苦しかった。サクラの人間である小太郎を救えるのはメサイアの万夜しかいない。でも、この繋がりはメサイアとしてだけではなくて、照る日の杜にいた二人だからこそのものがあったんじゃないかと勝手に思っている。はっきりと、ここでそう思ったとは言えないのがもどかしい。または、そう思いたいだけなのかもしれないけれど。

 

そうだ、あの小太郎の背負投。万夜はちゃんと見れていたはずだ。試合ではないけど、あれは輝いて見えたという、その姿に限りなく近いものだったんじゃないだろうか。

 

血が止まらない小太郎の腹部を真っ白な袖で押さえて止血すればあの袖は真っ赤に染まってしまっていたはず。どんどん浸食してくる赤に万夜はこのままじゃ小太郎が死んでしまうと怯えたことでしょう。自分の太陽が、消えてしまう。泣いてすがって、果てには自分の臓器をお前にやると言われて後退りをする。凄く脆くて人間らしい反応だなと思いました。一緒に帰ろうと迎えに来てくれたのに。つらい。悲しい。

万夜を置いていかないでほしい。

 

なんかこの、確かに一つだけど違うじゃん…みたいな…メリーバッドエンドになりきれないメリバ…みたいな…辛いですね…

 

でも、これが彼らの運命だったんですね。

万夜は小太郎の魂と共にこれからを歩んでいかなければならない。太陽だった小太郎のための、たった一人の神として。

 

生きる 死ぬ たった一人の神になる

 

そっかぁ…そういう意味か……

 

桜吹雪に包まれた、小太郎の微笑みが忘れられずにいる。

 

 

 

 

 

カテコで御池が自分だったから、柚木が彼だったからこそ、こういう結末になったんだと思う。とお話されてるのを聞いて、メサイアは役とキャストの狭間にある不思議な作品なのかなと思いました。キャストの成長が役に反映されるとか、そういったレベルの話ではなくもっと深いところで役とキャストが繋がっているような。不思議で魅力的な作品でした。メサイア

映画も見に行きたいな。

有賀くんはいつきくんを助けに来てあげてください……

大好きだ!推しが大好きだ!

 

推し好き好き最高エントリー第2弾です。

こちらのエントリーが第1弾にあたります!今決めました。

上記エントリーでガチ恋口上の一部をタイトルに置きましたがガチ恋ではありません…。

読み返したところ前回は、笑顔、お顔、表情、声をあげてましたね。いや実質顔のことしか言ってないみたいになってますが推しのいい所は顔だけじゃないので!!

顔だけじゃない!当たり前に顔もいいんですけどね!

 

 

では、推しの好きなところを並べていきます。

まず、手ですね。おてて。1回だけハイタッチしたことがあるんですが、ハイタッチ出来たことに感動してしまって温かい手だったのか冷たい手だったのか全然覚えてません。おっきかったなぁという記憶…あとちょっとかたかった。

お顔立ちは結構童顔なんですが手が男らしくてですね…いやはや凄い。手の写っている写真を、今、見ています。あ〜男だ(当たり前)

私は推しを美少女かなにかだと思っているんでしょうか。彼は男です。

推しの手はしゅっとスラッとしているというよりはまんまるいタイプです。ちょっとふかふかしてそうな手をしています。可愛い手です。でも筋もちゃんと見えるから凄くかっこいいですね!(どっちだ)爪とか気にしちゃうらしいです。かわいい。

 

あと前の記事にも書いてたんですが声についてもう一度。先日友人(おたく)に推しの出ている舞台の映像を見せたんですが「声すげーいいね!!!?」って言ってもらえました。

やったー!!!!ありがとう!!嬉しい!

推しのところと個人的に面白かったところをピックアップして見せたんですが最終的に全部通しで観たい!と最初から最後まで見て彼女は帰っていきました。こうやってみてもらえるのは嬉しいものですね!

他担から聞いても推しの声はいいらしいという話でした。やっぱ推しは最高です!

 

推しく〜ん!!!かわいいよ〜!!!!!

 

推しの素敵なところ〜ファッションセンスがよくわからないところ〜!

私服は素頓狂じゃないと思うんですが、稽古着とかネタ系が多いのでキャラが滲み出てるなぁと思います。かわいい〜。

可愛いしか言ってない。

 

強気なところも、好きです。もっと謙虚な人の方が気持ち的に楽(?)なんですが、やってみせます!!期待しててください!!!な推しくんの自信満々なところが大好きです。

だって頑張ってきてないとそんな大口を叩くようなこと言えない。彼の努力があってこその言葉だと思っています。

世の中謙遜美しきかなですが、絶対自分がすごいのにします!って言い切れる強さが私には眩しいです。

いつまでも自信満々でいてほしい。

その強気な言葉があるのは、努力あっての事だろうから。(何度でも言う)

 

 

推しくんがまた舞台の真ん中で生きてくれることに感謝します。ありがとう推しくん。

推しくんのおかげで一人でいろんなところに行けるようになったし、たくさんの人と知り合うこともできた。

世界が広がるってこういう事なんだろうな。

推しくんありがとう、大好きです。

推しくんが現役の間は、一番じゃなくても*1、ずっとずっと応援していたいです。

 

今日も明日も推しくんが楽しく過ごせていますように。明日も明後日も推しくんが上を目指していけますように。

 

*1:彼のトップなオタクになれなくてもの意

推しの現場がない間、私はなにをするのか

 

 

 

 

………推しの現場がない………発表もない……

 

ここ最近推しは働き詰めだったので、もしかしたら休憩期間なのかもしれない。別に現場がないからといって、推すことに対するモチベーションが物凄く落ちてしまうわけではないのだけど、勢いよく発散していたこの気持ちをぶつける場所がなくて右往左往しています。

あと、私用により8月後半まで舞台に行けなくなってしまうので、ここぞとばかりに狙っていた円盤を買いあさったり、レンタルしてみたり、有料コンテンツに課金してみたりといった浪費行動を繰り返してもいます。そろそろセーブしないと生活費が危うい。

正直私用が済むまで、円盤を見る時間が取れるか分からないけど、見るぞ!楽しみだな!という思いを胸に頑張ろうと思っていて、どう転んでも私用を乗り越えることが今は最優先事項であると言い聞かせています。

もし、今このタイミングで次の仕事が発表されたら、私は内臓を売り飛ばさなければならないかもしれない…

計画的にお金は使いましょうね!

 

推しの現場がない間、私はひたすら浪費しています。貯金、したい。

あ、でも推し貯金はしています。推しが呟いたらいくら、画像付きなら〜動画付きなら〜と条件を決めて、ちゃりんと。時にはカサッと。月給袋的なものを作ってテンション高めに貯金をしている今日この頃。呟いて欲しいような、そうでもないような…!

 

今日も明日も推しが健やかでありますように。

そして、みなさんの推し事が幸せなものでありますように。おやすみなさい。

 

追伸

何個か購入していた円盤の中の一つ、もふ虎が今日やっと届きました。

パッケージを見て満足したところがあるので、忙しくなる前に頑張って見てみたいと思います。

 

お題箱のお返事(仮)&もののふなシリーズが気になる話(お返事追記1)

 

 

 

 

お題箱のお返事(仮)です。

お菓子を配る〜の記事に対して、食べ物よりも消耗品(パック、あぶらとり紙)の方が嬉しいかも…[要約]というお便りを頂き、従姉妹からご当地限定のラベンダーなパックをもらって大喜びしたことを思い出しました。

お土産でパックをもらったことはあったのにお土産としてパックを買うという発想がなかったので目から鱗

次の現場にパックやお菓子を絶対持っていくぞというわけではないのですが、普段のお土産候補としても参考にさせて頂きますね。

それよりなにより、お土産にパックを選ぶ女子力の高さに震えています。

仲の良い子には買って行こうかな!?軽く調べたらコスパも良かった(気がする)ので…!

 

何か問題がありましたら削除いたしますので、お手数ですがお声掛けくださいませ!

今回はお便りありがとうございました!

 

 

 

 

もののふシリーズが気になる話

 

第一弾「もののふ白き虎」

第二弾「瞑るおおかみ黒き鴨」

第三弾「駆けはやぶさひと大和」

 

上記の3作からなるシリーズもの。

 

第三弾の「駆けはやぶさひと大和」が2月25日に千秋楽を迎えたとあったので本当に最近までやってたのに本腰入れて気になり出すのが遅かったなぁ…と。

つまりは悔やんでいます。もっと早く頑張ればよかった(?)

前々から存在は知っていたのですが観に行くまでには至らず、名前は聞いたことあるよくらいでした。

 

改めてこちらの作品を知る機会があり、色々と調べて、聞いて、見て、今では面白そうだなと興味津々です。

それこそ3月頭頃から調べ出して、早1ヶ月。悩む前に買うべきなのかもしれませんね!?

 

取り敢えず気になるキャストさんもいるし、その時代も好き、そして何より殺陣がめちゃくちゃかっこよかった。公式チャンネルから配信されている映像を何度も見た。速さと迫力がすごい。(語彙力)

あの二刀流というか、刀と銃の組み合わせはめちゃくちゃアツいと思います。すごくかっこいい…

 

ストーリーに関しても、みなさんの書かれた感想を読んで泣いてしまうほど*1だったので…本編を見たら私はどうなってしまうんでしょうか…?

はじめはキャストさん目当てで、1作目のもふ虎*2観てみたいな!と思っていただけだったのですが、シリーズものということを知りそれなら最後まで見なきゃ損では!?と…*3

感想を読めば読むほど観たくなる。観よう。

 

個人的に、今年の目標で推しに囚われない観劇生活(円盤含)を送る。というのがある*4ので、興味が出た作品には手を伸ばしてみたいなと思っています。

 

 

もののふシリーズの見どころや、他の作品でこれが面白いよ!とかあったら是非、教えて頂きたいです!よろしければ!

 

八朔餅のお題箱

 

 

では、今日はこの辺りで。

 

 

 

以下追記

お題箱にお便り頂きました!ありがとうございます!

もうもののふシリーズ見れなくなるかもしれないんで、はやく買うなりした方がいいんじゃないでしょうか。

ごもっともです!!!

昨日このお便りを読んだ直後にポチりました!!買いました!!!

ありがとうございます!

引用スターでも背中を押して頂きまして…!

正直誰かに背中を押してもらいたかっただけなところがあったので、やっと勇気が出ました!(?)

今はただ、届くのがひたすらに楽しみです!

現在、なぜか配信レンタルして届くまでを凌いでいます。(?)

20180412

*1:みなさんの文章が美しいのと想いがこもっているというのも大いにある。

*2:この略称は本当に可愛いと思います!!かわいい!子虎がコロコロしているイメージです

*3:多分きっと観れる、観たい。

*4:推しが出ていない舞台でも積極的に観に行こう!という意味

新年度がはじまりまして

 

 

 

大変バタバタしています。

いろんな準備とかね、ありますよね。

 

一応下書きに、色々とちまちま書いてるんですが全然進まない、課題も進まない。

 

色々とちまちま書いているといいながら、今は正直書きたいことも、そんなになくて…

書きたいことがないのは、いいことなのかわるいことなのか分からないですが、推しが今日もかっこよくて可愛いことは分かります!

 

 

お題箱、お返事出来てないのがいくつかあって大変申し訳ないです。ご意見ご感想等々ありがとうございます。

 

ちゃんと目は通していますが、ちょっと個別のお返事は控えさせてください。

お菓子についてはいろんな意見があると思うのですが、基本はじめの記事に書いた通りです。

いつか会ってみたいと言ってくださったみなさん、ありがとうございます。運命的にお隣になれることを願っています。

私と運命的にお隣になりたくないみなさん、ご迷惑をお掛けしないよう気をつけます。お互いのために、お隣にならないことを願っています。

 

もし何か他のことで気になることがあればお題箱までどうぞ!お題箱らしく(らしく?)これについて書いて!とかでも大丈夫です。

 

あとコメントは誰でも出来て、承認制になっているのでそちらもよかったら使ってください。

 

早いもので2018年も4分の1を過ぎましたね。

4月は時計で考えると右下あたりになっちゃいますよ、感覚的には右上あたりなのに(?)

 

時の流れは早いものです。

では、またいつか、近いうちに。

 

八朔餅のお題箱

 

推しは今日も息を吸って吐いている。

 

 

推しが生きているという幸せを噛み締めています。

 

推しが役として死を体験していることを思い出して、生きるって尊いな…って思ったんですよね。

 

創作上の誰かだったとしても、一人の人間(人じゃないこともありますが…)の一生を背負うっていうのは大変な事だろうなぁと。そして、一生をなぞらなくともそのキャラクターが生まれてから死ぬまで、その人生の中のほんの少し、いっときだけを演じるために、どれだけの努力をしているんだろうと考えたりもしました。

推しの身体で、声で表情で仕草で、キャラクターが、その人が今生きている。

 

推しに限らず、役者と呼ばれる人達は本当にすごいですね。

そんな彼、彼女らにとにかくありがとうって思っています。感謝です。本当にありがとう…

 

 

 

 

 

ありがとう繋がりということで、話が全く違う方向に行ってしまうのですが、私は推しの「ありがとう」だけで生きていける気がします。*1

嫌なこととか全部吹っ飛んで代わりに幸せが溢れんばかりに心を満たしてくれます。あの瞬間のことを思うだけでかなり元気が出る。

向こうもなんか言われたらありがとうって言えばいいと分かっているだろうし、私もそれを理解している*2けど、それでもありがとうって言ってもらえるのは本当に幸せだなぁと思います。

 

推しが言ってくれた「ありがとう」の5文字だけで幸せが限界突破です。

推しのありがとうにありがとうって感謝したい。感謝してる。ありがとう。ありがとう推しー!

この感じは、推しが元気ならなんでもいい!期に入ってる気がします。でも炎上とかはちょっと…というかかなり嫌だなぁ…我ながら手のひら返しが早い。今から季節的にあったかくなってくるし、暖を取るのは間に合ってるので………ね!(強い意志のこもった「ね!」です)*3

 

推しが今日も元気に息吸って吐いてますように!元気でいてね。明日も応援しています。

 

 

 

 

 

*1:実際には不可能ということは百も承知

*2:期待をしすぎると心が死ぬ可能性があるため予防線を張っている

*3:炎上とは言うものの暖なんてとれないし寧ろ極寒だと思います