1789を観てきた話①

 

 

 

 

 

大変お久しぶりです。皆様お元気ですか。私は梅雨バテからの夏バテで少し痩せました。バテダイエット最高。おかげでワンピースが可愛く着れるようになりました(当社比)

 

 

諸事情により現場を離れていましたが我慢出来ずに(許される範囲で)すべて投げ出して『1789-バスティーユの恋人たち-』を観てきました。

いや〜〜〜〜良かった!!

小池ロナン回でした。顔がちっちゃくて目がくりくりでンまぁカワイイ…背が低めだから肩組んだりした時に埋もれちゃうのがまた可愛い(カワイイ)

無邪気な青年のイメージが強くて革命家のイメージがあんまり残ってないのは私の脳内がオランプとの恋模様でキャパを埋めてしまったからだと思います。お礼にキスしてやったぜ!(意訳)が可愛すぎてキュンときた。

初演を観ていなかったので予備知識ゼロで臨んだ結果、拷問シーンに震えました。そんな……いいの…??エッ鞭????大丈夫(大丈夫?)なの??座席の関係で見えにくかったんだけど焼き鏝の音やらが痛そう過ぎてわーってなりました。まだチケットがあるので次はしっかり観たいです。観たい。

 

今回誰々を見に行こう!と思って行ったわけじゃなかったので途中まで全体を観ていたんですが、最終的にはロベピ定点でした。三浦ロベピ。最高(乾杯)

そもそもお顔の造形が美しいわけですが、カワイイお人形みたいなお顔から低音が飛び出してくるのでもう普通にメロメロでした。あとスタイルが鬼。コートを脱いだ時、より顕著に現れる腰の細さ。背が低く見えるけど全然そんなことないのは顔が小さ過ぎるから………最高…。操りお人形劇の余韻が長めでずっとユラユラしてたのをずっと見ていました。終始ひたむきに真摯に語りかける姿とロナンを失って嗚咽する姿が印象的でした。

あと伏線はあったような気はしますが、突然サ・イラ・モナムールで恋人とイチャつきはじめて個人的に失恋しました。恋人にバックハグで銃の扱い方を教えていたんですが丁度銃を構えた先に私の席がありまして双眼鏡で定点していた私は、イチャイチャをドアップで見ることになり悲しいやら嬉しいやら(?)

ン〜顔がいいので良し!

容姿ばかり褒めていますが、これは演技が熱くて目を引いたからこその定点であって、演技については語彙がなさ過ぎて言葉にできないため口を噤んでいるわけです。

 

良い!最高!乾杯!

 

あとシトワイヤンの女の子たちが強くてすごくすごく良かったです。そういうの大好き。男には負けない!!!みたいな。ソニンさんのソレーヌ、歌がめちゃくちゃ力強くてすごく好き!!

 

他にも色々書きたいところはありますが、あと2回くらい観る機会があるので色々補完しながら、②として別記事に書いていきたいと思います。

あ〜やっぱり舞台はいいものです。

 

 

 

そして推しくんは東京で初日を迎えました。おめでとうございます。行く行く!!とか言ってましたが行けませんでした。行けなくて本当に悔しいけど距離は縮められないものですし試験もズレてはくれません。今日も明日も、推しくんが満足のいく演技が出来ますように。暑い日が続きます、誰も欠けることなく無事に終わりますように。明日も明後日も応援しています。